高野山真言宗石室山無量寿院世界遺産五百羅漢・羅漢寺〜石見霊場客番十善戒第三番札所〜

 

羅漢寺 五百羅漢は、平成19年(2007)7月2日に、ニュージーランドで開催されたユネスコの世界遺産委員会において、世界遺産条約の「世界遺産一覧表」へ登録された『登録名称:石見銀山遺跡とその文化的景観』の構成資産の一部です。  金剛山安楽寺へ

〜石見霊場客番十善戒第三番札所〜

【羅漢寺】は【金剛山安楽寺】の兼務寺院です >>

世界遺産五百羅漢 石見銀山
羅漢寺について五百羅漢について羅漢寺参拝のご案内四季のアルバム石見銀山について交通のご案内お問合せ・総合案内

羅漢寺・五百羅漢平成の大修理

羅漢寺・五百羅漢の今昔

和尚が行ってきました

お知らせ

平成25年6月21日

2013年3月、仙台行脚の様子を、【和尚が行ってきました】にアップしました。

平成25年4月30日

4月28日に行われた安楽寺の法要の写真をアップしました。

平成24年11月27日

五百羅漢・羅漢寺のホームページを更新いたしました。

平成21年10月2日

10月2日、羅漢寺創建の僧である月海浄印(げっかいじょういん)の二百五十回忌法要が行われました。

本堂において、住職をはじめとする市内の真言宗の僧9人により法要が営まれ、月海浄印の徳をたたえました。

また、二百五十回忌の記念事業として、「雲流の屏風絵の修復」と「開運吉祥弁財天像」が建立されました。

【修復された雲流の屏風絵】

修復された「雲流の屏風絵」

【10月2日、開眼してお迎えした開運吉祥弁財天像】

この弁天池(上之池)で、貴方の財産を洗ってください。弁財天のご加護により、金運を招福します。

開運吉祥弁財天像

弁財天池でお金を現れる参拝客

併せて【おみくじ納め処】を開処しました。

「おみくじ納め処」におみくじを結ばれる参拝客

平成21年6月25日

6月16日に、當山羅漢寺住職 ならびに金剛山安楽寺 代三十七世住職 伝燈大阿闍梨権大僧正 信行大和上が遷化なされました。

ご生前にお受けしました数々の御懇情に対しここに衷心より厚く御礼を申し上げます 。

平成21年5月25日

全国行脚【和尚が行ってきました】のページを新設しました。

平成21年5月15日

月海浄印筆屏風絵の写真をTOPページに掲載しました。

月海浄印筆屏風絵の写真

平成21年5月15日

五百羅漢中央窟の修復工事が完了しました。

 >> 詳しくは、【五百羅漢・羅漢寺平成の大修理】のページをご覧下さい。

平成21年5月11日

石見銀山百景】のページを更新しました。

平成20年12月9日

五百羅漢中央窟の修復工事が始まりました。(平成21年2月頃まで)

 >> 詳しくは、【五百羅漢・羅漢寺平成の大修理】のページをご覧下さい。

平成20年12月9日

石見銀山ガイドマップ】のページに「大判焼 阿月」と、「中村製パン」を追加しました。

平成20年11月17日

石見銀山散策チケット(石見銀山内にある5つの施設の共通入場券)は、取扱い停止となりました。

平成20年10月9日

石見銀山ボランティア英語ガイドの会:【Volunteer English Guides for Iwami Ginzanのホームページができました。(英語サイトです。)

平成20年5月20日

金剛山安楽寺】のページが完成いたしました。

平成20年4月24日

世界遺産登録を記念いたしまして4月26日から秘仏の御開帳をしております。

平成20年4月8日

4月初めより、ご来場のお客様の安全確保のため、五百羅漢側の落石防止工事を実施しております。工事期間中、皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。

平成20年4月3日

五百羅漢・羅漢寺のホームページをリニューアルいたしました。

平成20年4月3日

「五百羅漢平成の大修理へのご協賛お願い」

 >> 詳しくは、【寄付・浄財のお願い】のページをご覧下さい。

   

【お願い】

五百羅漢および羅漢寺境内における写真撮影・ビデオ撮影につきましては、お断り申し上げます。

 

  → トップページへ    ↑ 上へ戻る

世界遺産 高野山真言宗 石室山 無量寿院

五百羅漢 羅漢寺

〒694-0305(石見国大森)島根県大田市大森町イ804  電話(0854)89-0005  ファックス(0854)89-0039

Copyright(C) RAKANJI CO.LTD All rights reserved.

produced by Shimaneoa